人事・採用・組織で活用

人事コンサルタントHRnavi
環境要因サーベイ 『ビッグファイブ診断』
ビッグファイブ

HRnavi

HR

レポート販売中
ビッグファイブ理論は、現在、パーソナリティ理論の中では最も再現性が高いとされており、世界中で広く活用されています
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-255-251 0120-255-251
受付時間:10:00~17:00
Check!
1990年代にアメリカの心理学者ルイス・ゴールドバーグ氏が提唱した「パーソナリティの性格分析」において、「人の性格は5つの要素の組み合わせによって構成されている」という考え方です
要素
1

情緒不安定性

情緒不安定性は、メンタル傾向とも言われます。

ネガティブな刺激に対する反応に強さを測定します。

落ち込みやすいなど感情・情緒面での傾向がわかります。

 

要素
2

外向性

外向性は、コミュニケーションに関連する要素となります。

新しい人との出会いなどへの反応を測定します。

社交性や積極性、活発さなどの傾向がわかります。

要素
3

開放性

開放性はチャレンジ力とも言われます。

知的好奇心の強さや想像力の豊かさを測定します。

新しいことへの関心度や、保守性の傾向がわかります。

要素

調和性

調和性は共感能力とも言われています。

他者への共感力や配慮を測定します。

バランスを取り協調的な行動をとる傾向かどうかがわかります。

要素

誠実性

誠実性は勤勉性、真面目さとも呼ばれています。

感情をコントロールする力や良心性、責任感の強さを測定します。

こだわりの強さや直感力などの傾向がわかります。

ビッグファイブレポート

・面接時の採用分析に

・1on1ミーティングに

・タイプ別マネジメントに

 

価格 5,500円/人

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-255-251 0120-255-251
受付時間:10:00~17:00
ビッグファイブ結果からわかること
  • REASON
    01

    自己理解

    ビッグファイブ理論の5つの要素をどれくらい持っているかがわかるため、自己を理解し、ビジネスの現場で「活かす」ことができます。

    1314818_s
  • REASON
    02

    社員の課題を可視化

    ビッグファイブ結果を共有することで、相互理解が深まり、コミュニケーションの円滑化になります。

    また、相互理解ができれば、その後は、相互支援、相互成長へとつながっていきます。

    890045_s
  • REASON
    03

    適材適所

    人事課題を解決するために各要素に優先順位をつけることで、業種や業務に合わせた採用や人事異動の指標となります。

    2084045_s
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事